FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メイドさんと優雅な午後を:2

「・・・・・・。」


ティアナは、スバルとの愛の巣・・・もとい、自分の家で、なぜ自分がメイド服を着ることになったのかを思い出していた。



一方その頃、八神邸(仮住居)では・・・。


「ほなリィン、しっかり頼むで?」

「はいです!」

「くれぐれもバレんようにな。」

「分かってますよ。はやてちゃん♪」

「うふふ。・・・お、もうすぐでスバルが帰ってくるはずやで・・・。」


盗撮する気満々だった。





その頃、聖王教会では・・・。

「ティアナが?」

「そうっすよ!あのツンデr・・・ゲフンゲフン、なティアナがメイド服を着るなんて一大事っすよ!!」

「確かに、あの普段は素直じゃないティアナのメイド姿は私も興味がある。」

「・・・と、言う訳でセイン姉、よろしくっす!!」

「ぇー。何か嫌な予感しかしないんだけどなぁ・・・。」

「大丈夫っすよ。セイン姉のディープダイバーがあれば盗撮窃盗不法侵入、なんでもござれっすから!」

「褒められてるのかけなされてるのか・・・。まぁそこまで言うならやってあげるけどさ。」

「すまないな。セイン。」
「やったぁ!セイン姉、大好きっす~!」



こちらも盗撮する気満々であった。





ところは戻ってティアナとスバルの家。

ティアナはと言うと

「・・・。(こんな時って何て言えば良いのかしら・・・。やっぱりスバルは女だし、お帰りなさいませ、お嬢様。になるのかな?いやでも御主人(マスター)って言うのも・・・・・・)」


メイド服を着たまま玄関前で悶々としていた。







つづく!











あとがきー


はぃ。ごめんなさい。昴です。

今回は出したかった人を出させて頂きました。

主にセイン、チンク、ウェンディですね。

実はシャーリーも出して隊長達と共にガジェットを平和応用(?)したカメラで盗撮するって話も考えていたのですが、収拾がつかなくなるので断念。

あ、カリムは後ではやてに映像を見せて貰うらしいです。(笑)


ではでは、ご意見・ご感想ございましたらコメントやメールでどうぞ~。

昴でした~。
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © Library out! All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。