FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メイドさんと優雅な午後を:3

「おぉスバル、今日はもうあがっていいぞー。」

「ありがとうございます!とりあえず、これ片付けたら先にあがります。」

「おう。じゃ、俺は別件で少し出なきゃなんねぇから。」

「はい。お疲れさまでした!」

「お疲れさん。」




この日の勤務を終えたスバルは急いで家路についた。何しろ久々にティアナと2人で過ごす午後なのだ。


「~♪」


・・・ご機嫌なようだ。鼻歌まで歌っている。







そしてティアナは・・・





(でもデバイスはご主人(マスター)って呼ぶし・・・、あ、マッハキャリバーは相棒(バディ)だっけ。でもなんて呼べば良いのかしら・・・。)






・・・いまだに悶々としていた。




しかし時は待ってはくれない。無情にも玄関はティアナが悶々とする原因によって開け放たれた。


「ただいまティア・・・」

「おっ、お帰りなさいませお嬢様!」





そして沈黙






「ティ、ティア・・・?」

「・・・・・・。」

「ティア?」

「・・・うっさいわね私だってなにも好んで自らこんな格好してあんたを迎えてる訳じゃないのよ!」

「・・・あ、あはは・・・。」



もはやスバルは苦笑するしかなかった。
自分は悪い事をしていないのに一方的にまくし立てられたからだ。


「・・・で、どうなさいますか お・嬢・様 ?」


わざわざ区切って言う辺りは照れ隠しだろう。現にティアナの顔は赤く染まっていたからだ。


「ふぅーん。じゃあ今日は1日私のメイドさんなんだ。」

「・・・そうで、ございますお嬢様・・・。」

「うふふっ」

「なっ、何がおかしいのよ!」

「だって、ティアがそんな・・・っ」

「・・・お茶をご用意いたしましょうか?お・嬢・様?」

「・・・っ、おねがい・・・くくっ・・・」




(むぅ、ティアナはもっと真面目にメイドをやれば可愛いと思うです・・・)

(あれ?リィン総長?)

(この声は・・・セインですか?)

(はい。やっぱり騎士はやての企みですか?)

(はいです!セインも覗きに来たのですか?)

(はい!だってあのティアナのメイド姿なんてこれを逃したらどこで見たらいいのか・・・。)






「・・・・・・ッ!!」

「どうしたのティア?」

「今誰か居たような気が・・・」

「気のせいだよティア。ここは私達2人だけの空間だよっ」

「ぅわ、ス・・・お嬢様!」

「うふふーっ。ティアは抱き心地も最高だねー」

「おっ、お止めくださいお嬢様・・・!」





(なんか、疲れてきました・・・)

(わたしもです・・・)

(じゃ、私帰りますね。)


セインは指先しか出ていないのですぐに姿が消えた。
だが・・・?


(じゃわたしも・・・)


バシュバシュ!


(・・・ッ!!)

この時、急いで展開したプロテクション間に合ってくれてリィンは命拾いしたと、後に語っている。


「この魔力光・・・、リィン総長ですね。」



「・・・・・・ほぁぁ」

「チッ、逃げられたか・・・って、ス・・・お嬢様?」

「ティア、カッコいい・・・・・・。」

「ちょっ、お嬢様・・・?」




これ以来スバルはメイド+二丁拳銃に目覚めてしまい、時々ティアにお願いするようになってしまったそうな。





おわり。





「リィン、えらいやられたなぁ・・・。」

「はいです・・・。」

「まぁ気にしなや?あれは私が頼んだもんや。リィンは悪うない。・・・っと、プライベート着信?」

「誰からです?」

「ナンバーズの教会組や・・・。もしもし?」

「あ、騎士はやてですね?セインです。実は・・・」




この後、セインの持ち帰った映像が元機動六課のメンバーに行き渡ったのは当然の結果と言えるだろう。












今度こそ、おわり。



















あとがき。



楽しかった!

最後とかちょっと自信無いけど・・・。

ナンバーズ教会組のはやての呼び方が分からなかったので騎士はやてにしましたが、いかがでしたでしょうか?

今回が一番長かったかな?

ともあれ、最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!


次回は・・・ヴィヴィオ×イクスを完成させたいなぁと思いつつ、筆を置かせていただきます。



ではでは。
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © Library out! All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。