FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メイドさんと、決して優雅とは言えない生活

・・・・・・カチカチ、カチ・・・。


「・・・ふぅ。これでよしっと。」




何やら怪しい事をスバルは夜中にしていた。

ちなみにこの時ティアナははやての家(仮住居)に乗り込んで帰って来ないそうだ。

「ティア、喜ぶだろうな~w」


・・・ご機嫌である。









翌日、ティアが目を覚ますと・・・。



「あ、お目覚めですかぁ?お嬢様?」



まさしくメイドとしか言いようがない、いや、やってる事はメイドなのだが。とにかくメイド服に身を包んだスバルがいた。



「・・・。」

「・・・♪」

「・・・あんた、それどこで手に入れたの?」

「ぇ?どこって、アマゾn・・・」

「わーっ!ちょっとスバル!」

「何でございますか?お嬢様。」

「・・・・・・いつか私がやったやつなのね。」

「いやぁ、ティアばっかりにさせるのも悪いかなぁと・・・。」

「・・・またはやてさんか。」

「えへへー」



こうして、ティアナの気苦労の種は、また一つ増えるのであった。












続くの!?









あとがきっす。



こんばんは。昴です。

今回は好評だったメイドティアナに続く作品として、ほぼリクエストの様な形で書きました。


どうやらスバルはメイド服を密林様で頼んだようですw



ではでは。

特にコメントが少ないと続きませんw
昴でした~w
スポンサーサイト

コメント

 
おー、初めてきましたがここはss書いてるのですね。
おもしろいので毎日きます~^^
よかったらブロともになりませんか?
コメントありがとうございます!

ブロ友おkですよ~w


当ブログは、「魔法少女リリカルなのは」のSSを取り扱っています!(キリッ←

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © Library out! All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。